これで安心、廃車マニュアル

これで安心、廃車マニュアル

廃車にも登録手続きが必要です。

所有する自動車を使用しなくなる、あるいは廃車をした場合、そのままの状態で放置しておくと翌年度の自動車税を支払うことになります。自動車を使用しなくなった場合には廃車手続きを行う必要があるのです。廃車手続きは陸運局または軽自動車検査協会において『登録』という形で行います。一時的に使用しない場合には『一時抹消登録』、そして自動車を解体し、永久的に抹消するのであれば『永久抹消登録』という手続きを行います。一時抹消ではナンバープレートを返却するだけの手続きとなり、その自動車の所有権はそのまま維持されることになります。一時抹消を行った自動車を譲渡したり、復活させて再使用することも可能です。しかし、車検期間が残った状態で一時抹消を行っても、自動車重量税の還付は行われません。これに対し、永久抹消は解体後に行う登録手続きですので、その自動車は永久的に抹消されることになります。車検期間が残った状態で永久抹消を行うと、日割り計算により自動車重量税の還付が行われます。これらの手続きは廃車の状態によって選択することになりますが、一時抹消を行った後に解体して永久抹消を行うことも可能です。

廃車にする場合の抹消登録の違い

廃車にする場合に必要なのが「抹消登録」とよばれる手続きですが、法令上は、「永久抹消」と「一時抹消」のふたつの方法が定められており、それぞれ意味が違ってきます。「永久抹消」というのは、交通事故で車が壊れてまったく使用不可能になった場合や、年式が古くなって解体する場合などのことで、完全に廃車にしてしまい、再び乗ることはできないケースに用いられます。いっぽうの「一時抹消」は、車検切れになってしまって合法的に車を動かせないという場合や、中古車として売却した車の新しいオーナーが見つかるまでの間にナンバープレートを外しておくといった場合のことで、一時的に車には乗らないものの、将来的にはふたたび登録を復活させる可能性があるケースで用います。いずれのケースであっても、運輸支局や自動車検査登録事務所で手続きを行えば、毎年春にその所有者に対して課税されることになっている自動車税は、支払わなくてよいことになります。

おすすめWEBサイト 5選

脱毛サロン おすすめ ランキング

最終更新日:2018/6/15