これで安心、廃車マニュアル

これで安心、廃車マニュアル

廃車手続きの種類について

所有している自動車を使用しなくなった場合には、使用していない自動車の『自動車税』を課税されないためにも廃車手続きを行う必要があります。自動車の廃車手続きには二種類あり、ひとつは自動車を使用しなくなっただけの状態で行う『一時抹消登録』。もうひとつは自動車を解体し、完全に抹消する場合に行う解体抹消登録いわゆる『永久抹消登録』です。一時抹消登録を行う場合には、ナンバープレートを返却する必要があります。一時抹消後に名義変更を行って所有権を移転したり、その自動車を復活させて再使用すること(中古新規登録)は可能です。これに対し永久抹消登録は解体後に行う手続きです。解体業者が該当する自動車を解体しますが、その際『移動報告番号』と呼ばれる番号が出ます。この番号が無ければ永久抹消登録を行うことは出来ません。もちろん一時抹消登録同様にナンバープレートの返却が必要となります。一時抹消登録後に永久抹消登録を行うことも可能です。

廃車の手続きにおいて大切な事

乗らなくなった自動車を廃車する際の手続きは非常に煩雑なものです。最近は業者に任せることが多い為なかなか自分ではその煩雑さを認識することは少ないものですが、いざという時には役立つので知識として憶えておくと非常に便利です。
廃車をする際に必要なものとしては、車検証、ナンバープレート、所有者の印鑑登録証明書が有ります。但しこれらは一緒に提出するのではなく、手続きの順番が有るので、注意が必要です。
この手続きには一時抹消登録と永久抹消登録が有りますが、一般的にはまず一時抹消から行います。第一に一時抹消登録の様式を窓口で購入して、必要項目を記入したのち、ナンバープレートのみを返納窓口に返納します。その後、手数料納付書の必要項目を記入して手数料分の印紙を貼り、一時抹消登録の用紙と一緒に提出することになります。これが受理されると、一時抹消登録証明書が交付されることになります。 このように順番が決められているため、その順番を守ってしっかりと手続きをすることが大切です。

Valuable information

kaitotte[カイトッテ]|リユース(買取)に関する情報サイト
http://kaitotte.jp/

Last update:2016/4/8